まあ

新しいBLですがジャンプを読まずに取り組むと言う

自分らしくない

何が起きた

それくらい、

読んで下さるあなたに、

精一杯の気持ちをこめたく思います

まあ

そうそう気づかれないと思いますが

あのですね先に話しますが、

「同期に惹きつけ色迷い」後編で

気づかれた方おられるかもですが、

方向性が変わっています

やさしさとか

甘い事

いえないな

強くないから

力がないのに

誰を守れる

言い出すのは身勝手

無責任ですよね

散々、そういう場面を見たし経験しました

だから

少し目先を変えました

弟に「文学」と言われました

ああ、そうかも

行くか? 今から

冗談ですよ

そんな力があれば、とうに行く

朝から吠えててすみません

先程、叩いてきました

書いてる人は

読んで下さるあなたを大事にしたい

書いてるものは全力で守ります

言いますね

書いてる人の名前は

柊リンゴ です

大声あげるほどのものでは

ありませんが、

名乗らないといいようにされるので

もしまた

エブリスタさんで何か珍事が起きれば

泣くけど

撤退を考えます

仕方ないですね

隙があったんですよ

名乗らないから

人生、まだ続くようなので

下車しない心づもりです

大事なあなたを、

貧弱な腕ですが

守りたいです

だから力をつけます

作業します

柊リンゴ