八代亜紀と高倉健

曇り空のやや過ごしやすかった昨日は、

久しぶりに揃った3人で

遠出をして新見美術館の八代亜紀アートの世界と

成羽美術館の高倉健追悼特別展へ行って来ました

予定通りにどこかへ行けるということは当たり前ではなく、

有難いことなのだと朝の車の中から話しました。

元、旦那様が応募していたRSK

成羽美術館高倉健追悼展のチケットが当選していたので実現しました。

:():

高梁川沿いの道ですから、

西日本豪雨の被害状況を確かめることもできます。

豪雨に台風、地震と自然災害がこうも世界のあちこちで立て続けに起こると、

否が応でも平穏無事の有難さと被災地へ出来る事を思います。

先日も残暑見舞い岡山市内の方の家が

床上浸水の水害にあわれていたことを知りました。

心は形で伝えなければわかりませんので、

形にして送らせていただきました。

人間のしかも自分だけの眼先の利権や欲ではなく、

地球上の生き物すべてが共存共栄して行けるような社会の在り方を、

人任せにするのでなく、

一人ひとりが考えて実践していくことを警告しているように思えてなりません。

どうか被災された皆様方が少しでも早く安心して過ごすことができますように

心よりお見舞い申し上げます。

さて、午前中に

新見美術館へ到着です。

会期は週末の9月9日日まで

こちらは写真撮影Okの場所です

昔テレビでアトリエなどの特集を見たので知っていましたが、

実物は油絵とは思えないまるで写真のような鮮やかな仕上がり具合です

展示してある作品数も多く、

人物画や風景、猫や犬などの動物画などもあり、

見ごたえがありました。

新見でのお昼ご飯です

御殿町新見ごてんまちにいみ

珍しい蕎麦で作った焼き蕎麦

少しピリ辛で美味しいです

これだけだと物足りないので

()

ぜんざいセット

飲み物は煎茶をチョイス

この豆が、普通の小豆ではなく、この辺りに多いという

ささげ

粒が大きくて、味も甘すぎず優しい味でいくらでも食べれます

()b

女性が3人もいれば、久しぶりでもあり、

いつでもどこでも一日中話に花が咲きますね〜

(艸)

次は、高梁市にある成羽美術館へ到着

備中神楽

左が吉備津彦命きびつひこのみこと

右が鬼である温羅うら

そして企画展は

高倉健追悼特別展

会期は、9月24日月まで

パネル展示だけかと思っていましたが

時代ごとの作品を、ホントに短くまとめてありますが、

たくさん映像で見ることが出来ました

健さん、ただ佇んでいるだけなのに、やはり目が行くのよねー

さすがです

幸せの黄色いハンカチもテレビで見たことありますが、

こちらでも最後のワンシーンだけですが見ることが出来ました。

共演者も若く懐かしかったです。

チケットが当たらなければ行ってなかったので

旦那様にも感謝です

(人)

ありがとうございました

(o)丿

その時に、一緒に目の前にいる方たちは、

何か共通のテーマがあるものだとつくづく実感します

面白いですね

混沌として何が起こるかわからない時代になりましたから、

今ここの大切さを思います。

ご自愛くださいね

本日も読んでいただきありがとうございます

m()m