9月11日 できごと その1 ( その他祝日、記念日、年中行事 )

0527年 - 有力豪族の物部麁鹿火が、磐井の乱朝鮮半島南部へ出兵しようとしたヤマト王権軍の進軍を筑紫君磐井[九州北部にいた豪族]が阻んだもの)の平定を命じられる。

1297年 - スコットランド独立戦争: スターリング・ブリッジの戦い。

1498年 - 明応地震東海道沖で南海トラフ(四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝[トラフ]のことで、非常に活発で大規模な地震発生帯である)沿いの巨大地震と推定されるマグニチュード(M)8.0クラスの地震が発生。紀伊(現在の和歌山県)から房総(現在の千葉県)にかけての太平洋側で震動が強く、津波も同地域の沿岸に襲来する。波高は駿河湾沿岸で約8m、伊勢志摩で約6mから10mであったとされる。津波は鎌倉の鶴岡八幡宮参道にも襲来し、また、神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院、高徳院(本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像)の大仏殿は、この地震による津波で倒壊して、鎌倉の大仏が露坐となったとする説もある。

1649年 - クロムウェルアイルランド侵略: ドロヘダ攻城戦。

1697年 - 大トルコ戦争:ゼンタの戦い。

1777年 - アメリカ独立戦争: ブランディワインの戦い。

1792年 - 「ブルーダイヤモンド」(後のホープダイヤモンド)が、フランス王室の宝玉庫から盗まれる。ホープダイヤモンドは、現在スミソニアン博物館(アメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然史の博物館群・教育研究機関複合体の呼び名)の1つである国立自然史博物館(アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に所在)に所蔵されている45.50カラットのブルー・ダイヤモンドである。クラリティ(透明度)は、11段階中第5位のVS1。紫外線を当てると、1分以上に亘って赤い燐光を発する。ダイヤモンドに紫外線を当てると発光するのは珍しくないが(ダイヤモンドの内、およそ3分の1は紫外線を当てると発光する)、赤く、しかも1分以上も光り続けるというのは極めて珍しく、現在のところ、その原理は解明されていない。

1814年 - 米英戦争: プラッツバーグの戦いがアメリカ軍の勝利で終結

1847年 - 19世紀半ばのアメリカ合衆国を代表する歌曲作曲家、スティーブン・フォスターの歌曲『おおスザンナ』がアメリカ合衆国北東部、ペンシルベニア州ピッツバーグで初演。『おおスザンナ』は、ヨーロッパ音楽、白人アメリカ人の音楽、アフリカン・アメリカンの音楽を融合させた、最も有名なアメリカの歌である。日本には、1852年頃に日米和親条約の締結に尽力し、その後通訳・教師等として活躍したジョン万次郎が、初めてこの曲を伝えたとされ、学校教育でも用いられており、小中学校の音楽の教科書にも度々掲載されている。

1860年 - 初代駐日イギリス公使、ラザフォード・オールコックが、外国人で初めて富士山に登頂する。

1871年 - 国内行政を管轄していた民部省が、大蔵省(現在の財務省金融庁[内閣府の外局])の前身)に吸収される。

1888年 - 高等師範学校附属学校に尋常中学科(現在の筑波大学附属中学校・高等学校)が設置される。

1900年 - 東京の上野駅、新橋駅に日本初の公衆電話を設置。

1905年 - 連合艦隊旗艦を務めた戦艦『三笠』が、長崎県佐世保港内で弾薬庫の爆発事故により沈没。339名が死亡する。

1907年 - 東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区)に、電機学校(東京都足立区千住旭町に本部を置く私立大学、東京電機大学の前身)が創立される。

1924年 - 東京天文台国立天文台の前身)が東京府北多摩郡三鷹村(現在の東京都三鷹市)に移転する。

1937年 - 東京府東京市小石川区(現在の東京都文京区)で、後楽園球場が開場。東京の都心に職業野球専用の新球場を建設しようという計画が持上がり、日本陸軍の兵器工廠(軍隊直属の軍需工場)、東京砲兵工廠の工場機能が福岡県小倉に移転したため、空き地になっていた国有地を払下げで取得し、内野2階建てスタンド(バックネット裏はアメリカンスタイルで、グラウンドの最前線までスタンドがせり出す形式を採用)を持つ野球場が建設される。球場の名は、隣接する小石川後楽園(江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内に造られた築山泉水回遊式の日本庭園[大名庭園]であり、国の特別史跡、及び特別名勝に指定されている公演)に因んでいる。第二次世界大戦後、日本野球のメッカとしての不変の地位を得た後楽園球場は、50年後の1987年に閉場し、実質的な代替球場として日本初の全天候型球場、東京ドームが1988年に開場する。

1938年 - 中華民国大日本帝国の間で行なわれた戦争、日中戦争の戦意高揚を目的とした従軍作家陸軍部隊が中華民国へ出発。

1940年 - アメリカ合衆国北東部、ニューハンプシャー州にあるダートマス大学でのアメリカ数学会の会議で、アメリカのコンピュータ研究者ジョージ・スティビッツが、テレタイプ端末により、ベル研究所(当時はアメリカ合衆国北東部、ニューヨーク州ニューヨーク市の市内に所在)にあるリレー式計算機『Complex Number Calculator』のデモンストレーションを行なう。これが、世界初のコンピュータの遠隔操作とされる。

1945年 - 連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が、東條英機ら戦犯容疑者39名の逮捕を指令。

1945年 - 第二次世界大戦: 西太平洋上にあるカロリン諸島の島の1つ、ポナペ島(現在のポンペイ島)の日本軍陸軍第31軍独立混成第52旅団長渡辺雅夫陸軍中将が、アメリカ海軍の駆逐艦『ハイマン』上でアメリカ軍に対する降伏文書に署名する。

1949年 - 明治大学考古学研究室が、1946年に考古学者の相沢忠洋が発見した群馬県新田郡笠懸村(現在の群馬県みどり市)にある旧石器時代の遺跡、岩宿遺跡の発掘を開始。

1950年 - 大相撲関脇の力道山光浩が引退を表明。翌年プロレスに転向する。

1951年 - 国際的な標準である国際規格(IS)を策定するための非政府組織(NGO)、国際標準化機構(ISO)が日本の加盟を承認。スイス西部のジュネーヴに本部を置く国際標準化機構(ISO)は、162の標準化団体で構成される、国際標準の世界的相互扶助を目的とする独立組織で、国家間に共通な標準規格を提供している。約2万の規格は、工業製品、技術、食品安全、農業、医療等、全ての分野を網羅している。