2018年9月14日 近況

 先週から あわただしい一週間でした。

 台風21号が 大阪、関空に大きな爪痕を残して、通り過ぎたかと思ったら、

 翌日には 北海道で 震度7の大地震

 旭川の娘家族は 震度4にびっくりしたようですが、被害はなく・・・・。

 オール電化の家に住んでいるので、その後の停電に、困ったようです。

 カセットコンロを持っていたので、どうにか過ごしたようです。

 停電も一日半ほどで 回復したので、

 たいへんな被害を受けられた地域には とても及ばない地震体験だったようですが、

 いろいろ 考える点が あったようです。

 寒い季節でなくて良かった。

 今回 足りなかった物を 準備しなおすよ! と 言っておりました。

 私も 停電の時の携帯の充電をどうするか 考えなくては いけないなぁ〜〜と思いました。

 娘は 車で 充電した、と言っておりましたが、うちはもう車は手放したし・・・・。

 台風と地震の合間を 縫うようにプーさんが 一時帰国してきてました。

 

 週末を利用して、二人でお義母さんに会ってきました。

 93歳になられますが、お元気です。

 もちろん、年相応の物忘れは・・・・。

 プーさんが彫った観音像が、ケアハウスのお部屋に 置いてあります。

 久しぶりに 自作の観音様を手に取ってみているプーさんに、

 

 「それは 誰が 彫ったんじゃったかな?」 と ご質問・・・・・。

 ありゃ〜〜!!?? 

 「俺が彫ったんじゃ」 と プーさん(苦笑) という一幕も。

 何をしても、

 「ありがとう」

 「すまんねぇ」 と おっしゃるお義母さん。

 私も 周りの人に感謝できるお年寄りになりたいなぁ と 思いました。 

  

 新幹線の駅から 「福山城

 雨でした。

 帰りは 大阪に 一泊お立ち寄り。

 大阪に来たら私は 「夕霧そば」が外せません。前の記事

 お初天神 こちらが正面ですね。

 いつも、北の梅田から 入るので、こちら側を見るのは 初めてかも・・・・。

 人形劇団「クラルテ」の 「はてしない物語」を 観てきました。

 大阪へは これを観るために寄りました。

 

 

 はてしない物語は 映画「ネバーエンディングストーリー」の原作で 有名ですね。

 

 4月だったか5月だったか、人形劇を観る前に 原作を読もう! と

 図書館で本を借りて 読み始めましたが、

 まぁ、大長編です。

 本の厚みが 3?はありました。(笑)

 いじめらっれっ子バスチアンが 本の中のファンタージエンを救うところまでは 夢中で読んだのですが、

 そこで お話はやっと前半が終わったところなのですが、

 

 その後 ファンタージエンの王となることを宣言するバスチアンがどうなるのか・・・という後半は

 本の返却期限は来るし、旅行に行ったりで、読めないまま・・・・。

 しかし、この膨大な長編物語 どういう風に人形劇になるのか・・・・?! 

 と 思いつつ、観劇したのですが、

 こういう風に 人形劇になるのね?!って 面白くて 楽しかったです。

 自分の想像を膨らませて、物語の世界を紡ぐのもいいのですが、

 ビジュアルなものがあると、やっぱり 解りやすくていいですね。

 2時間半、引き込まれたました。

 孫と一緒にもう一度観てみたいです。

 大阪に居たら、もっと 公演を見に行けるのに・・・・・。

 

 プーさんは 病院・お仕事・買い物など いつものごとく バタバタと予定を消化されて、

 昨夜の便で インドネシアに・・・。

 私は 今朝から また、一人。

 まだ、帰ってくるつもりがなさそうな プーさん。

 私の独り暮らしは まだ しばらく続きそうです。